リバネスキャピタル、食で実効的な健康を届ける信州大学発ベンチャーのウェルナスに出資

株式会社リバネスキャピタルは、信州大学発ベンチャーの株式会社ウェルナス(本社:東京都港区、代表取締役:小山正浩)に出資しました。

ウェルナス社は、"食で実効的な健康を届ける"というビジョンのもと、「食」で未来の健康社会を実現することを目指すベンチャー企業です。
小山氏自身が信州大学において従事した研究を事業シーズとして2017年5月に創業、機能性成分コリンエステルを高含有するナス粉末を用いた食品事業(ナス事業)を立ち上げ、2020年2月にはサプリメントを上市、販売を行なうとともに、ナス事業において得たノウハウをもとに、食品や生鮮物の機能性表示届出を支援する事業を展開してまいりました。また、合わせて個人の食情報およびバイタル情報から自己実現目標達成に合わせた個人最適食を提案するアルゴリズムおよびAI解析技術の研究開発に信州大学との共同研究に取り組み、本技術を搭載したサービス開発を進めています。2020年10月にリバネス社が主催した第1回フードテックグランプリにおいて同技術を用いた事業プランを発表、最優秀賞を受賞しました。

このたび、リバネスグループでは、機能性食品の開発と、個人に最適化された食を提案する事業によって健康に実効的な食を人々に届け、より健康に暮らせる社会を実現したいというウェルナス社のビジョンに共感して投資を決定しました。
今回の資金調達により、ウェルナス社のナス事業および機能性表示届出支援事業の基盤強化および拡大、AI食の研究開発と事業化をリバネスとの連携で推進します。

リバネスグループは、今後もウェルナス社とともに、食のディープイシューを解決するディープテックを日本から生み出し、地球貢献を実現してまいります。

<株式会社ウェルナスについて>
会社名:株式会社ウェルナス(Wellnas. Co.,Ltd.)
URL:http://wellnas.biz/
本社所在地:東京都港区虎ノ門 1-12-14 虎ノ門マスターズビル6階
代表取締役:小山 正浩
設立:2017年5月23日
事業内容:ナス事業機能性表示食品届出支援事業、AI食事業